効率的に瓦礫選別をするメリット|余計な時間と労力をカット

産廃の再利用

がれきと重機

種類に応じた選別

かつてのように重機で建物を壊し、瓦礫は全部まとめて埋め立てるといった解体工事は、現在では基本的に許されなくなっています。産業廃棄物として処分される瓦礫も、適切な瓦礫選別を行なえば、資源として再利用することが可能です。瓦礫の中には鉄くずやアルミくずのように、資源化しやすいものも存在します。またコンクリート片や砕石などは、粒度を揃えることでアスファルトの骨材などに利用できます。瓦礫選別処理は単純なプロセスではなく、混合している廃棄物に応じて組み合わせる必要があります。鉄くずは磁力で、ビニールや繊維は風力で選別するのが簡単な方法です。機械で大まかに選別した後、最終的には人力で選別する場合もあります。

回転式と振動式

瓦礫選別機には回転式と振動式があり、なかでもトロンメルと呼ばれる回転式選別機は、大量の砕石や土砂を処理するのに向いています。傾斜をつけたドラムを回転させ、その中に土砂を投入する方式で、網目の幅を変えることにより、必要な粒度を選ぶことができます。振動式の瓦礫選別機は、ふるいの上に土砂を乗せて揺さぶる方式で、回転式よりも一度に処理できる量は少なめです。しかし網自体が振動するため、回転式よりも目詰まりしにくいというメリットがあります。特にウレタン製のジャンピング(波動式)スクリーンは、スクリーンの跳ね上げ運動でふるい分けを行ない、水分を含んだ素材でも目詰りしないのが特徴です。このように瓦礫選別機は、瓦礫の質と量に応じて選ぶ必要があります。

処分から再利用へ

工場

工場などから出てきた産業廃棄物は、産業廃棄物処理されてリサイクルが行われていますが、リサイクルされている量はまだわずかです。今後はリサイクルの技術の向上と、いかにして排出されるごみの量を少なくするかが、大きな課題になってきます。

» 詳細

産廃再資源化の取り組み

メンズたち

産業廃棄物は、そのままでは処理が進まないために、中間処理施設で産廃選別を行う必要があります。まずは小さくして減量し材料ごとに分別をします。木くずや金属くず、古紙など比較的コストがかからない廃棄物もあれば、廃プラなど採算が取りにくいものもあります。その為、そのようなものは中古重機を購入したり、レンタルしたりしてコスト削減をはかりましょう。

» 詳細

廃棄物を減らす取り組み

ゴミ

建物を解体しようとすると様々な廃棄物が出ます。それらを分別しない状態は混合廃棄物と呼ばれています。昨今、埋め立て地や再資源の観点から混合廃棄物が問題となっています。そこで中間処理施設が重要な役割を担っているのです。混合廃棄物の状態で処理施設に運ぶことにより人件費や時間を節約することが出来るのです。

» 詳細

Copyright© 2016 効率的に瓦礫選別をするメリット|余計な時間と労力をカット All Rights Reserved.